FC2ブログ
次は、 日本山岳・スポーツクライミング協会会長の
八木原圀明さんの講演会です。

な なんと これも とっ突然 司会を承りました。 はっ~
多様なところでお会いしている御大様で、なまら気さくな方
多忙な中 来ていただきました。

DSC_0758.jpg

私的には、協会の会長と言うよりも、
グンマガクレンの隊長として、崇めるてい降ります
 日本のヒマラヤ登山を世界クラスに引き上げた時代の指揮官としての
話は、時代背景がとても濃く出ていました。そして、その苦悩も感じれました。
ただ jmsca関係の方々・・・特にろーかるtopの方々はみうけられなかったなー まっいいか

まあ2次会は、「や★■ちゃん」になっており、
たのしー お酒を頂きました。
日を越えた 1:30に寝たが、仕事の為5:00起きしました。
つ・・つれー

ひょんな事から 山野井泰史さんの講演会を行う事となりました。
実は、お手伝いの身分でしたのに、いつの間にやら・・・・
DSC_0579.jpg
道内大手登山用品店 秀岳荘の全面バックアップです

彼の話を聞くのは、ん年ぶりです。
常に、新たな目標に向け 姿勢は色あせません
また ヤマノイ流の指導もちらほら 聞けました。
DSC_0580.jpg

想定したとおり、会場に入りきれないと判断し
急遽 椅子を撤去して、前列の人は、地べた座りをしていただきました
いやはや 2次会も大変でした。
5年に1回の 歌才毎木調査の手伝いに行って来ました。
このコドラードは、100m辺と大きく Ⅰ層、Ⅱ層だけの調査ですが、
なんと・・・300本余あります・・・

協力者が多く集まり、8名で行いました。
DSC_0608.jpg

立ち入り禁止区域をガサガサとクマイザサを漕いでいくと
胸高径 300cm越えのミズナラの倒木にであった。
DSC_0612.jpg
きっと、、立派な樹だったでしょう
2018.10.22 毬藻のなぞ
10月の始め
阿寒湖のマリモ観察会に行って来ました。
なまら かでてもらうのが、ゆるくなかった
申込期間が短い、定員枠が少ない、告示情報が知り得にくい
さらに、事前学習会に参加必修!

まあ 難とかクリアーして、立ち入り禁止区域にいつて来ました。
ありました ナママリモ!
それも 径10cm以上もある奴

DSC_0650.jpg
この日は、風が強く 舟からのぞいたが、
湖底ある、マリモは良く見えなかった。

湖岸で職員の方が詳しく、説明をしてくれました。
IMG_9129.jpg

ただ 風で流されたマリモは、時々この様に 割れてしまうとか
でも この破片が、さらにミズコケをまとい、湖底でユラりゴロりして、
新たな マリモを作ると言うのが解明して来たとか すごい


IMG_9151.jpg

この事業は、マリモ祭りの一環で、おこなわれており、
難と マリモ祭りの堤案者には、黒松内で著名な
館脇操さんでした!!
館脇さんは、マリモを守る為には、マリモを愛し、大事にする事を目的に、
堤案したとか
お~ すごいお方だ
... 続きを読む
島を愛する者としては、、、、で
利尻山清掃登山に参加、
主に トイレ関係清掃ですね、
島の関係者6名が参加・・・少ないですね
在住の■い〇は、かつどうに見向きもしませんね。

2018 6合目ブース

感動したのは・・・・・
携帯トイレ用椅子に、本物をしてあった、
ホント 久々に見ました。
どう考えても、嫌がらせでしかありません。
DSC_0556.jpg
8月になると 登山者の種類か゛変わります。
団体のツアー主体から、単独、個人登山に変わります。
前者は、少なからずも、理解してくれる人がつきますが、
後者は、千差万別・・・難しいです

また 主催していた、やまといれも、有名処が一定の成果が出たからと言って
他の山域さ山域も含めて止めるってどういう意味?
因みに 一定の成果も出ていないと思うけど、
ヤッパ 怪しい団体いだな。


今回の目的のもう一つ
利尻山登山道整備

カメラードである トレイルサービス岡田さんの手伝い
道の左側の木の根を守るため、導歩線を右に向かわせます、
そのために、左側に石と杭を打ち、足を置きにくくしてあります。
たったこれだけを作るのに・・・・2時間も掛かりました。
IMG_8770.jpg

これからの時代
整備女
なる者が増えるかも、これホント
DSC_0557.jpg