FC2ブログ
小人数でのクライミングを目論んだか・・・・
DSC_0780.jpg
意外と人が集まり、前岩・Bフェース1Pしか 攀れなかった
その他の時間は、な ん と 技術指導~
でも 楽しい時間でした。
今年(2018年)の平地での初雪がなまらおそい・・
まして 日中プラス16℃程に上がると聞き
寝坊しても行ける近場の山 両古美山を目指します。

積丹岳や余別岳には、雪がつもっているー
IMG_9348.jpg

気温が高目と聞き、横着・・・して夏靴で登っちゃいました。
難と 道には、雪が積もったまま
あ~ 足がつめたい、
IMG_9355.jpg
楽しい雪の季節には、ちと 早やかったなー

展望台までの道が解るナー
IMG_9357.jpg

無沢も考え他が、行く価値に疑問を感じ
展望台往復で下山


当丸沼の下見に向かう
この日は、当丸沼遊歩道閉めの日で、
道標、トイレを撤去していた、
意外と 遊歩道の草刈が良かったのは、良い収穫
DSC_0779.jpg
紅葉も無く、乾いた空気の晩秋は、私的には、すきだなー
今年最後? となる登山道整備をしてきました。
なんと 支庁の方が助っ人にきていただきました。

なまら 地味な作業・・・・
丸太をすっぽり埋め込むので、円状に根堀します
掘削


螺旋状の階段
ゆにばーさるデザインを基本に、段差を13cm似内に押さえています。
螺旋段柵

そうそう 基本は、導水工
最上段に設置しました。
IMG_9374.jpg



もうすぐ ここも根雪となります。
また 来年に 作業を開始します。
今年のブナウオッチングは、秋に行いました。
今回も、ボランティアガイド、

名景 三色ブナ 
ただ 樹齢100年を越える老木なので、あと数年で倒れる可能性有り・・・
今のうちに 見に行きましょう、
IMG_9334.jpg

このウオッチングも会を重ねて降ります、
参加者もt加齢して行っています。
歌才ですら、おぼつかない方もちらほら・・・
IMG_9314.jpg

今回初の試みの、白井川では、ちょっと あの~ の方もおり、
根本的な安全管理を構築しないと と 思いました。

DSC_0786.jpg
所属している会の60周年記念事業の1っ 記念山行を行った
狙いは、海外登山だったが、時期既に遅し・・・断念した下が、
難のその 第一弾記念山行として、室蘭発着フェリーを使い 岩手由真 早池峰山の登山
第二弾として ホームグラウンドの室蘭岳 0 to Peak をやりました。
催行まで・・2年掛かりました、 ながかった。

1弾の東北行きは、気持ち良く酔っ払って フェリーから望む
白鳥大橋は、とても綺麗でした。
DSC_0547.jpg

私も岩手山は、初めてで、コマクサが綺麗と聞く
難と 忘れな草が有り、ちと 感激
IMG_9087_2018102223300697d.jpg

ちと・・・ 歩くペースが遅い先輩と一緒に、誰もいない山頂を満喫しました。
IMG_9095.jpg
その後 メンバーにアクシデントもあり、さらに雨天にも遭遇し、
私は、講演会準備のため、一足先に、新幹線にて帰道しました。
先輩方は、その後 早池峰も登りました。

第二弾は、室蘭岳 0 to Peak 
前夜は、ダンパラに、テントを張り 前夜祭
私は、ガイドを終えて18時より合流 
前々日の講演会2次会の後遺症?
を引きずっており、そうそうにダウンしてしまった。
海から山頂を目指します。
イタンキから海水をくみ、東室蘭駅、中島、大谷高、ダンパラ、そして蘭岳へ
DSC_0750.jpg

ルートを考え 靴は全般の街中は、ジョギングシューズ
後半の山中は、登山靴の2段構え
標高こそ911mと低いが、水平距離は13km余あり、チト疲れた
DSC_0753.jpg

頂上では、お決まりの 海水の散布式を行いました。
DSC_0756.jpg

下りの西尾根は、良いあんばいに 色が着いていました
IMG_9297.jpg
あは、祝賀会と記念誌、記念品の配布だ