銀竜草の会

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2014/10/30(木)
2回目の補修日は なんと良い天気の日曜日!!!
補修している所をドンドンとイッパン登山者が登って行きます。

我々は、ジモトの山を守るため
黙々と 石と語り合い、木に問いかけて 行います
石の座りをよくするため「マズメノオバチャン」を徹底しています。
IMG_1828.jpg

今回は、導流堤兼木段2ヶ所と導流堤を作りました。
IMG_1830.jpg

こんなに多くの方々が協力してくれました。
IMG_1836.jpg
2014/10/30(木)
今年も整備のシーズンとなりました。

まずは、森林事務所の協力を獲て
倒木の搬出から始まります。
ボランティアの我々は、自力で、現地に赴き
倒木を切断、運び出しをします。
IMG_1591.jpg
15本ほど運び出しました。
これが結構・・・・・大変・・・・


初回は、 縦通し木段で 4段作ってみました。
杭の本数を減らした技法です。
施工後

G,S,Sも手伝ってくれました。
IMG_1606.jpg
2014/10/14(火)
道内最大山岳連合団体の自然保護委員会研修会と
環境省主催登山道補修に行ってきました。

まず今年から自然保護実戦者が委員長に就任して、
活動が明確になり、さらに実行力も確実な物となりました。
その 研修会で、我々銀竜草の会が黒松内岳で、実践している事を
発表させていただきました。
さらに 美瑛山岳会が、行っている協動方登山道整備の発表も聞きました。
こちらは、参加車が自発的にFBやSNSで情報を発信していて
参加者が増えている事を聞きました。
時代だなとかんじました。
IMG_1340.jpg IMG_1339.jpg

よく日は、天人峡三十三曲がり補修ヶ所を見に行きました。
登山道補修の経緯を聞きすごく考えさせられました。

この木枠作りは、優れて居ます。
さすが オカザキサンですね
IMG_1365.jpg

観光客がとても少ない天人峡
紅葉が綺麗すぎて、、、悲しく寂しくもあります
IMG_1369.jpg


登山動補修セミナーには、20名ほど参加しました。
え!!! と言う方も来ていて すごーく驚きました。

登山道補修では、必修行為である、、、荷揚げ
IMG_1474.jpg

オカザキサンが講師です。
IMG_1475.jpg

我々が作った
段差解消の木段さ・・ビフォー アフターです。
IMG_1478.jpg  IMG_1483.jpg
今回は、木杭をつかわず、既存物や埋沈石そして地山陥入なとを屈指して
丸太を固定しました。

根雪となった 姿見の池周辺には、
平日でもすごい観光客が来ています。
IMG_1487.jpg
風の無い日なので、湖面に人影が映って居ます。




2014/06/17(火)
ん~ 今日も晴れませんでしたが、
6/16に黒松内岳9合目→頂上間のロープの交換をして来ました。

ローブは、黒松内観光協会からいただきました。 ありがとうございます。

忙しい合間をやりくりして、銀竜草のメンバー4名が協力してくれました。
IMG_0010.jpg

ロープは3ヶ所、延長70m余り 重さにして20kg????
擦防止も付けて見ました。
IMG_0011_201406171349473a8.jpg

後5年くらいは、持つでしょう
IMG_0012.jpg

花は、夏の花に変わり
はくさんちどり や えぞふうろうが咲いている黒松内岳でした。

IMG_0008.jpg

6月21日は、黒松内岳の山開き
ぜひ 入らしてください。


ブナの森温泉の券がもらえるかも

2014/02/03(月)
1月31日に 札幌カデル2・7で北海道森林管理局の
森林技術発表会で、黒松内岳の登山道整備について
発表してきました。


P1310013.jpg

27件の発表中 奨励賞をいただきました。
受賞内訳は、最優秀 3件、優秀 2件、奨励 7件

2007年にも発表しており、2度目の快挙!!!

「我々は、泥紛れになって・・・ 地元の山は、地元が守る・・・」
この言いたかったことを旨く伝えれたと思います。

Before  | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド