夏山

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2013/08/19(月)
室蘭銀屏風フットパスと地球岬の下見に行ってきました。

このアングルは、よく使われるパターン
丸く見える手すりを地球に見立てています。
室蘭名物のガスがかかり、その切れ目で一枚。
DSCF2496.jpg

地球岬ナチュラルエリアの歩道を散策
森の中の径で、木毛がびっしり生え 歩きやすい。
P8140018.jpg

地球岬ドーム壁
若い頃登ったなー
エートとラインは、・・・・・・わすれた・・・・
P8140002.jpg

さて フットパスは、配車の手配がつかなかったので、
途中まで行き、引き返しました。

なんと 花が多い!!!!

ツリガネニンジン
DSCF2507.jpg

クサギ
DSCF2493.jpg

イブキジャコウソウ
DSCF2510.jpg

カセンソウ
DSCF2521.jpg

ノコギリソウ
DSCF2501.jpg

室蘭の工場地帯から、3km程度しか離れていないのに
花がおおいな
夏がガスで低温状態なので、高山植物には、適しているのかな
なんだか 礼文のフラワーロードを歩いているよう
景色も似ているなー


家のお寺が近くなので、ついでに墓参りに行ってきました。
P8140031.jpg
2013/08/14(水)
ニペに続き 三国山に登りました。

登山道として認められている道では、在りませんが、
すでに 幾人もの人が歩いていて、踏み跡が明朗です。

ピーク手前のコブが、大分水嶺の分岐点
知床嶺か、道北嶺がの分岐点
あなたはどっち?
P8110117.jpg

意外と花の多い山です。
エゾノレイジンソウ
P8110128.jpg

ノコギリソウにつくシララカハナカミキリ
P8110131.jpg
2013/08/14(水)
今年の標高年の山 ニペソツ
久し振りに 日曜日に登山に向かいました。

いや~ 
混んでいます。
P8100046.jpg

はじめの内は
森の中なので、日射しが当たらす 何とかなりましたが、
ここ 天狗の岩場から、樹高が低くなり
日射しが眩しいかぎり、
P8100050.jpg

いつも思いますが、、、、遠いな~
P8100058.jpg

ここまで来れば、頂上は間近
P8100069.jpg

東壁右ルンゼは、今は、チシマノキンバイの花畑です。
P8100059.jpg
この写真では、わかりにくいですね


春か向こうに大雪山がよく見える良いできでした。
P8100084_201308141823460f0.jpg


ちなみに 同行者は、ラリグラのサンさんサン でした。
2013/06/15(土)
今年は雪が融けるのが遅く 道々開通が遅れ やっと13日開きました

神仙沼のエゾアカガエルは、産卵に大忙しです。
DSCF2401.jpg

ハウチワカエデの新葉は、透き通っています。
DSCF2400.jpg

これから湿原は、色を増して行きます。
DSCF2393.jpg

アンヌプリの花も良いグワイです
ゴゼンタチバナも開花しています。
DSCF2415.jpg

ん~ イワオのボウルも もう 滑るには無理ですかね
DSCF2406.jpg
2012/09/14(金)
天気の良い日だ
そうだ 大成町(現せたな町)の太田神社に行ってみよう。
若い頃 ボルダリングで幾度と通った、太田海岸だか
この神社には、今だ 登ったことが無い。

想定通りの檄急階段・・・
P9140003.jpg
登りより、下りの方が危険かも・・・
P9140004.jpg

道の大半は、急登~
P9140008.jpg

急傾斜にも 立派なブナの樹が多いです。
P9140020.jpg

岩壁基部に着き、空中橋梁を渡り
P9140026.jpg

ファイナルは、鉄輪の鐙を7m程攀ります。
P9140030.jpg

キチンと お堂が収まっています
昭和51年に お堂奉納 参道改修が行われたと思います。

P9140031.jpg
参道は、すでに37年の風説に耐えてきています。
錆び、歪みは、かなり来ています。 
この参道は、後何年使えるでしょうかね?

とは言え、平日のこの日 山ガール2名 山カップル1組がのぼに来ていました。
[大成 太田大権現神社]の続きを読む

Before  | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド