本チャン

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2012/04/25(水)
雪融を早める 雨が降っています・・・・・

「24日は、厳しいかなー」
家のテラスに止まった、ハクセキレイがそう言っています
P4230005.jpg

降ったり止まったりの天気の中
ラリグラのサンサンと取り付きに向かいます。
P4240006.jpg
 安政火口の温泉も、雨水増量で、元気に湧いています。
P4240015.jpg
濡れ鼠状態になったので、やむなく下山します。
P4240016.jpg
よし 次こそは、・・・・です。
2011/12/22(木)
12/21は、チョー寒い 上富良野で、朝-23℃を記録したとか

HORさんの希望の、上ホロ北西稜に2度目のトライ
kanチャンも一緒に、行きました。

朝 ギンギンに冷えて、乾いた空気の中
若手2名のラッセルを追いかけて旧憤に向かいます。
PC210359.jpg

驚いた事に、見事に晴れました!!!
2名は、写真撮りまくり
PC210362_20111222202341.jpg

さあ  北西稜は、雪崩の危険も少なく、上へ上へ向かいます。
ただ・・・・寒すぎ
PC210373.jpg

快晴の北西稜
プラブーツの中の足は、ズーと冷えて痛い!!
私の髭は、常に氷が、張りっぱなし
ヤバイかも・・・・・

冬至前日の今日の日の入りは、16時頃
クライミングに時間が掛り、上ホロ頂上についたのは、15時
記念撮影するまもなく、下れ下れ です。
PC210380.jpg
化け物岩コルからの下降も、時間との競り合い
PC210382.jpg
旧憤について、日没!!
スキーは、ヘットランプ使用で滑降
晴れていて、よかったー

車に戻りヘルメットの下の帽子を見ると
皮膚呼吸の蒸気が帽子外側に結露していました。
PC210385.jpg
私としては、足指が・・・・・・なんだよなー
2010/12/30(木)
12/29 十勝岳山系 上ホロ にいってきたんですが・・・・
P1110049.jpg
めちゃ 風強すぎ
視界は、利くんですが、安政火口内で風が強く、
吹き下ろし(向かい風)で、北西稜も第1岩頭を越えたところで、
歩行困難となり、下山しました、下りは、今度 後ろから押される感じ

前日は、星空で穏やかすぎたのですが、
朝一転して、こんな天気となりました

P1110047.jpg
かなり風は、強かったのですね
デポ旗が数本 飛ばされて無くなっていました。

北海道の道南は、大雪だったらしく、高速もとまっていました。
夜 黒松内に戻ったとき、家の前には、40cm積もっていて
家に入る前に除雪の苦労が付きものとなりました。
2010/12/23(木)
先週 遠望したときは、雪が少ない 意外と 良いかも・・・・と思い
室蘭岳裏沢にむかいました。

ラリグラのメンバー1人風邪のためダウンしたため
さんと、2名でクライミンググッツを背負い 白鳥ヒュッテへ
前夜に大雪が降り、積雪は、一気に50cm越えていました。  
かなり絶望的・・・・

ヒュッテでは、前夜 私の室蘭の所属会の忘年会がありまして、、、
 ヤバ すっかり忘れていた、すみません みなさん 

P1110027.jpg雪の中にたたずむ 白鳥ヒュッテ


先人のトレールをたどって 頂上へ
結構なラッセルでした、先人の男性2名 ありがとうございます。

こんなに積雪があると、裏沢は、無理ですが、
取りあえず、中間リッジの頭までいってみました。
P1110029.jpg
一気に腰切りのラッセルとなり、時折、足を入れると湿雪が、ドズンと音を立てて沈ます。
まあ 時期が遅かったと言うことで、下山します。
2010/12/19(日)
札幌 八剣山に行ってきました。P1110007.jpg板状の山なので、見る位置で、ピナクルのように見えます 一剣山 と言うらしいです
    

今日は、マンモス山岳会のM氏と、新人さんと行ってきました。
P1110010.jpg
計7ピッチの岩稜、

このルートの醍醐味は、靴幅リッヂの通過、それも ルートの大半が靴幅リッヂ、雪を踏み外したら、ピンがほとんど取れないので、かなりの墜落となるだろうナー
P1110014.jpg
ピナクルもクライムダウンしなければならないので、コレがまた、やっかいでした。


本峰に着き、夏道を下山・・と言っても、ラッセルしなければ成らないが、距離がみじかいので、以外と楽でした。
P1110022.jpg
八剣山西稜 7P(ピッチの切り方で変更あり)Ⅳ~Ⅳ+? 支点は残置ピンが多少はあるが、ブッシュとキャメロットてとる

Before  | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド