本チャン

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2015/12/12(土)
ん~  さみ~な これが上ホロ
週末になると まだまだ山屋が集まってきます。

IMG_6938.jpg

マイケルと最初に向かった 北西稜・・・・
視界激わる・・・ 腰切りラッセル・・・・  ん!無理だわ 
下山しました

IMG_6945.jpg

翌日 ジッキーを交えて
化け物岩へ
はっきり言って・・・寒すぎ・・・ 末梢部がい・た・い ヤッパ冬山ですな

IMG_6946.jpg

寒い、痛い、見えない、 つれ~
ウインタークライミングは、辛いですね・・・? 

IMG_6949.jpg

この日 化け物にはAMCがいっぱい 取り付いていました。
中間バンド付近は、女性会員も含めにぎやか、
もう お祭り!! でした。

スポンサーサイト
2014/05/01(木)
4月の末 上ホロ北西稜にいってきました
積雪は少なめ、
つぼ足で、よく晴れたなかいってきまーす
P4240048.jpg

早朝のスタートだったので、まだ堅雪でドンドン登って行きます。
P4240057.jpg

5Pほどロープを出しました
P4240065.jpg

稜線に上がり、頂上へ向かいます。
気持ちがいい天気です。
P4240074.jpg

下りは、アイゼントレーニングもかねて、D尾根を下ります。
アイゼンがダンゴ状態になりましたが
いい練習になりました。
P4240086.jpg

下山後  なんと















20年ほど愛用してきた













プラッチックブーツが







割れました・・・・・・・・・・・・・
危険と感じ、日帰山行の使用としていました
下山後に 壊れてくれて、ありがとう
そして20年も、私に付き合ってくれて・・・・感謝します。









P4240105.jpg


2014/03/09(日)
春季なので、天気も安定しているのでは・・・・甘かった・・・
またもや冬型が強くなり 今回も途中下山

南稜P1560につながる尾根を再度攀に行きましたが、
視界不良・強風・表層雪崩て稜線にタッチして下山してきました

P3060045.jpg

なかなか 登らせては、くれませんでした
P3060046.jpg

やはりこのコースは、ちと長いかなー

P3060049.jpg
過去4回登りに行き、1回しか登れていない
やはり成功したあのルートが、妥当でしょう

つぎは、あのルートから攀じりに行きます。
2014/01/14(火)
ほぼ1ヶ月ほど 更新ストップでした・・・・・

まあ 色々とあり、いそがしかったもので、、、
もちろん 山登りですけど、、、、それしかないですけど、、、


kei女史と上ホロは、スズキさんとunoと一緒でした。


2パーティーに分かれて、チムニーとクロワールを駆け上がりました。
チムニールート1P目の彼女
PC160030.jpg

我々も急いで、クロワールを攀ります
残念な事に、雪壁化していました・・・・
PC160046.jpg

でも 彼らは、一面を覆うエビノシッポに感動したみたいです。
PC160055.jpg

ただ 今回も風雪舞う上ホロに会えなかったのが、心残りかも・・・・・・

2013/12/08(日)
室蘭岳 裏沢ゴミの左股に行ってきました。
室蘭岳は、ちょ~人気の低山で、冬の土日でも20名以上登りに来ます。
大半が夏道往復か、西尾根~夏道ですが、
北面の裏沢は、この季節限定のプチ本チャンが楽しめます。

今日は、ガクユウカイのSUGAIさんと行ってきました。

中間リッヂを下降し、アブサイレンして、S字下の最初の滑滝上に降りました。
PC070011.jpg

なかなか いいコンディションには、会えません
今回もラッセルが70%でした
PC070015.jpg

中間部に私が20数年前に打った、ボルトがありますが、
すっかりさび付き、朽ちていました。
ノスタルジアをかんじます
PC070017.jpg


核心部のS字上の滝を越えました。
背後のバットレスも登りごたえがあります。
PC070021.jpg

冬の日は短いです
下山時、白鳥湾(室蘭港)外海に綺麗な夕日の帯が海面を照らして居ます。

PC070026.jpg

 | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド