孤高の山 利別岳

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2013/03/21(木)
いつかは行こうと考えいた山の1っ 利別岳
行ってきました

コースは、長万部岳北コルから利別川へ下り
利別岳北尾根を登るもの
北尾根には、40°の急傾斜帯があり
降雪後や強風後には雪崩発生の危険の高い所。

札幌の会のTサンとFさんと ラリグラのさんさんと言う
複合パーティーです。

やはり今年は、雪が多いですね
路肩に上がるのが大変
P3150009.jpg

とは言え やはり春
全層雪崩の兆しが随所にあります。
P3150015.jpg


道内でもここだけです
こんな立派で、▲S然な看板があるのは。
P3150019.jpg

想定は、していましたが 良くない天気
でも 長万部岳は、確認出来ます。
ここより 利別川へ向け、下降します。
P3150021.jpg

幕営予定地に着いたとき、明日は、だめだなこりゃ~と思ったが
深夜2時頃 風が止まり
朝 とても清々しい天気となりました
想定とうりでした??。

今となって考えると、河から水も得られ
風囲いとなる斜面までであり いい幕営地でした。
P3160030.jpg

目標の利別岳が望めます。
感心部の北尾根急傾斜帯もよく見えます。
P3160032.jpg

スキーで北尾根コルまで行き ここよりアイゼンに履き替えていたとき
ドンと音とともに クラックが入りました。
なんと雪庇と尾根先端が剥したのです。
P3160044.jpg
これが下山時 1cmほどに開いていました
P3160073.jpg
当たって欲しくない、想定とうりでした。 

稜線上は、ガチガチにハードバーン
P3160054.jpg
頂上からは、渡島半島全般、ニセコ山系と展望は、良かったです。

そんな中 スノーモービルの爆音が聞こえてきます。
なんと 奴らも 万部越えでやって来ました
悲しい現実です・・・・見事な軽装備でした。
天塩岳の事故なんて 聞こえていないでしょう



テント撤収をして、長万部岳登りかえしから 天気は、悪くなり
来るのに戻った時には、曇天となっていました。
P3160083.jpg
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://monblau.blog10.fc2.com/tb.php/871-7bc608f2
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド