FC2ブログ


外来種 駆除

Category: 環境  

彼らは、明治時代頃に、人間の手により、日本に連れてこられました。
そして現在まで、約130年過ぎました、
でも、いまだ市民権を得られていません。
この経過時間は、生態系の時間スケールでは、わずかなの時間で、
自然的進入とは、ならないと思います。
在来種の保全には、やはり駆除しなければ、在来種が死滅のおそれが有ります。
彼らにすれば、ひと言、言いたいはず、でも 今は守るべき物は何・・・・・
私としては、安易に答えは、出せませんが、今は、種の保全を優先したいと考えます。

と言うわけで、私の 植物全般の先生でもある、利尻島の環境保護の一環として
鴛泊登山口、南沼湿原、沼浦海岸の外来種駆除に行ってきました。
登山口  まずは、鴛泊登山口
ここでの対象植物は、

 
ハイキンポウゲ ハイキンポウゲ~ミヤマキンポウゲにとてもにています。
作業
今回は、利尻自然情報センターが、呼びかけて、環境庁パークボランティヤ、利尻富士町役場職員、グリーンサポートスタッフ、自然ガイド、登山ガイド、の皆様が参加協力しました。
集積 これだけ 採取しましたが、まだまだ有ります。

南沼2 次の、南沼湿原には、利尻富士役場職員が更に、増員されました。
オオハンゴン ここでは、オオハンゴンソウの駆除をします。
南沼 ここの駆除は、3年目になりますが、まだまだあります。
沼浦
更に、沼浦海岸に移ります。 利尻り南東面が良く望めます。
大根ソウ ここでは、オニハマダイコン

1日で、3カ所の作業は、なまらこわいです。




スポンサーサイト
 2009_07_27

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ブナの森に住む登山ガイド     辻野 健治です

Author:ブナの森に住む登山ガイド 辻野 健治です
北海道の登山ガイドチーム   ノースランドのメンバーです、楽しい山登り、山歩きやハイキングと何でも楽しんじゃうチームです。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P