19回北海道海外登山研究会

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2011/04/11(月)
いつもの用に、ばたばたと段取りをして、イザ 会場へ向かいます。

4月9日13時から群馬大学 齋藤ドクターの講演から始めました。
実は、齋藤Dr 震災の関係で、講演終了後 群馬にトンボ帰り!!!

今日の朝 6時頃自宅を出られ、羽田に向かい、飛行機に乗られ
講演終了後 今日中に群馬に戻られる・・・・・・
とても 忙しい中、北海道に来ていただき とても 感謝いたします。

P1110782.jpg P1110796.jpg
登山医学に着いての、詳しいお話しを聞かせていただき、
短い時間でしたが、よく 解りました。

その後 道内在住者の海外登山報告を4本 発表していただきました。

翌日は、過去に行われた海外登山報告の発表を聞かせていただきました
P1110806.jpg
1980年 厳冬期のバルンツェの報告は、当時 まだ冬期ヒマラヤ登山が行われて
居ない中、先鋭的な活動報告で、装備 タクティクスなど多彩な
発想、研究の話を聞かせていただきました。


フリートーキングでは、「ガイド、シェルパに払う チップ」についての話
各登山隊のいろいろな話を 話していただき、色々な事例を聞かせていただきました。
ネパールにおけるガイドの給与システムについての話、も出てきて
かなり 興味津々でした。

もちろん ノミニケーションも充実しており
皆さん 熱い話をしていました。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://monblau.blog10.fc2.com/tb.php/470-39bfd61f
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド