田辺氏 偲ぶ会  3

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2011/02/01(火)
2月5日 名古屋に行くため、レンタテカーを借りて出発します
直線距離では、27km程離れた、知人の家に行くため
首都高乗り継ぎ47km 50分係りました  東京ですね

約4時間で名古屋着
田辺 やっとと会えました



名古屋の大きな斎場で行われました
田辺4-1 参列者は、300名以上いらしていたと思います

彼の業績の成果のメダルなども展示してありました
メダル

彼の登山に共感していただいた、皇族の方からのとも弔意も届いています
田辺3

今回の雪崩の状況についての報告会も行われました。
田辺2

モンスーンが開けるのが遅かった、偶発的に雪崩に遭遇した、ビーコンを持参していたら・・
などなどありますが、彼はもう居ません

あんなに 慎重で、人が良くて、情熱があって、そしてなんか親爺ポクて、
   誰かが 言っていました
・・・・いい奴ほど 早く居なく(亡く)なる・・・・

そうですね 若林さんも、ジュンも、野沢井さんも 早かったですね

彼と話をした中で、印象に残っていることがあります
私たちが所属している 団体の存続に付いての会議で、彼と私は存続に
同意見でした、 そして 存続しました。
彼は、「とりあえず こっち側について意見を言ったのだから、やるべきことは、やらないとな」
有言実行 そんなんでなく 本来の人間の行動ではないかと思います
私も、出来るだけ やり続けたいと思います
               そして        
*いろいろな 事を考えますが、現実は、このままです、

きしめん
名古屋 きしめん 食べましたけど すみません
余り味を覚えていません

ぼやいても 彼は、納得してくれないと思います。
明るく やっていくのが いいことでないかと、勝手に思っています。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://monblau.blog10.fc2.com/tb.php/416-90b895cf
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド