うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2016/11/25(金)
良寛和尚 をごぞんじですか

IMG_1661.jpg

うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ 
散る桜 残る桜も 散る桜

などの句を読まれた方です
人生の円熟期、終焉期などに聞くと、しみじみと
伝わる名言と思います。
ただ・・・・戦中に美伝に使われたりしていますが・・・

新潟に行ったとき偶然にも、出雲崎を通りかかり
この当たりが、良寛和尚ゆかりの地と知りました。

難しい説法を民衆に対しては行わず、自らの質素な生活を示す事や簡単な言葉を用いて解り易く仏法を説き、一般民衆のみならず、様々な人々の共感や信頼を得たとされる人物
と言われております。

ん~ ガイドもこうあるべき・・・・・ですね
なかなか 、、たどり付けない・・・・・・・・・・・・・・・・・

その、地元では
IMG_1684_201611252014484d5.jpg
があります。 しみじみと 染みこむ味です。

出雲崎は、古く佐渡航路野や北前船の寄港として栄え
妻入り家屋が多い・・・・ えっ 江差にそっくり
そう 北前船で北海道に伝わったのは、物だけでなく、
文化も伝わっています。
江差のいにしえ街道も、妻入り家屋です。
近いようで、遠い・・・・時代を感じました。

IMG_1665.jpg





スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://monblau.blog10.fc2.com/tb.php/1323-e1b1a019
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド