楓沢より風不死岳へ

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2014/05/01(木)
今年のGWは晴天が多いです、で 雪熔けも進み 
ちと やばいです 特に今日のルートは、、、、、


入下山口が異なるので、車は、楓沢入り口(紋別橋)に置きます。
P4290040.jpg
帰りは、なんと下山口いらっしゃつた登山者に車同乗を
お願いして、回収出来ました。らっきーでした。


今回は、ラリグラのサンサンデス
樽前溶結凝灰岩のゴルジュは、奇怪で変化に飛んでいて、
あきることがありません が 標高を稼げないのが大変です。
P4290042.jpg


この苔は、・・・・ 名前はわかりませんが、
肌触りがヒグマの毛に似ていて気持ちがいいです。
・・・・比較物が よくなかったですかね?・・・・
P4290044.jpg

雪が少ないなー と思いつつ 進みます。

P4290050.jpg

核心のハングの滝は、事前情報の通り
はしごは、無くなっていました。
やむなく 流木を立てかけ、ショルダーとミックスクライミングで
這い上がりました。
セカンド以降も ミックスで抜けます。
登りの奮闘中の写真が無く
これは、抜けきった後滝口からのぞき込んだ写真です。
写っている木は、立て掛けた木です。
P4290053.jpg ちなみに、すべての滝(3カ所)は右岸を高巻き出来ます。

原頭にはかろうじて、雪が張り付いていたので、
なまら急傾斜をあえぎながら登ります。
P4290066.jpg

イタドリの新芽って 真っ赤なんですね
強い紫外線から身を守っているのですね
P4290063.jpg

うまい具合に夏道に出、風不死岳から見た樽前山
すでに 山スカが出現していました。

P4290067.jpg

コバルトブルーの支笏湖は、きれいですね

P4290071.jpg

下山の北尾根は、湖に落ちていくように下ります。
P4290081.jpg

アカゲラの姿やドラミングが聞こえます
綺麗に開けた食痕です。
P4290083.jpg
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://monblau.blog10.fc2.com/tb.php/1065-e8c23031
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド