大分水嶺を歩く・・そして小幌へ

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2014/03/10(月)
黒松内の次なるおもしろい所を探しに行ってきました

分水嶺ってご存じですか?
日本海と太平洋へ流れる河川水系の境目となる尾根
異なる海域に分かれる所を大分水嶺と言う

その分水嶺がここ黒松内に有る
地図の緑の線が分水嶺でもあり、黒松内町の町境
CCI20140310.jpg
そして 日本で一番替わった地形・・・・
分水嶺が一番海に近づいている所
地図中の内浦湾(噴火湾)と書かれた北側に255mピークがある
ここが海まで、おおよそ約235m程度
日本でたった一箇所な特異な地形です。

分水嶺マニアには、よだれが出るところ・・・・・???


意外と展望も良いです。
P3100046.jpg

なんと国道工事により 分水嶺の尾根が工事によりナイフリッヂ化している~
P3100049.jpg

今回は、そのまま分水嶺をたどらず
孤高の無人駅 小幌に降りて行きました

おっ 見えて来ました
P3100051.jpg

前日降雪があったので、JR保線区が除雪に来ていました。
P3100062.jpg
彼らは、汽車で出勤し業務をこなし、汽車で戻ります
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://monblau.blog10.fc2.com/tb.php/1043-689d88f8
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. | 

まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド