山に登れば 気分爽快2009年07月

ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
2009/07/27(月)
彼らは、明治時代頃に、人間の手により、日本に連れてこられました。
そして現在まで、約130年過ぎました、
でも、いまだ市民権を得られていません。
この経過時間は、生態系の時間スケールでは、わずかなの時間で、
自然的進入とは、ならないと思います。
在来種の保全には、やはり駆除しなければ、在来種が死滅のおそれが有ります。
彼らにすれば、ひと言、言いたいはず、でも 今は守るべき物は何・・・・・
私としては、安易に答えは、出せませんが、今は、種の保全を優先したいと考えます。

と言うわけで、私の 植物全般の先生でもある、利尻島の環境保護の一環として
鴛泊登山口、南沼湿原、沼浦海岸の外来種駆除に行ってきました。
登山口  まずは、鴛泊登山口
ここでの対象植物は、
[外来種 駆除]の続きを読む

Before  | Copyright © 山に登れば 気分爽快 All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド