北海道 海外登山研究会

いやいや 
やっと海外登山研究会を終えました。

いつもことながら
寸前まで、イソガシーかったです

まあ 開催すれば、スタツフ仲間がどんどん 進行してくれるので、
楽~? ですが、いえいえ わき上がる 問題を
クリアして行きます。

IMG_3038.jpg
北大山岳部のカムチャッカ縦走の報告は、感動しました。
未知への探求、そのための努力
次々とくる困難との闘い、力を出し合う仲間
そして 彼等を支える社会
若いっていーなー と思っちゃいました。



始めて講演すると言う 中島健郎さん
とても おもしろい話や、おーと言う迫力満点のクライミングシーン
いがっだー 

IMG_3049.jpg
そうそう イモトは、〇△■□×●時や、★☆※、●▼⊿い時、よく※▽んですって
意外とかわいい奴ですね。

えっ 何を書いているのって・・・・
イヤ 講演内容の一部です。

スポンサーサイト

第25回北海道海外登山研究会

4月8~9日に北海道海外登山研究会を開催いたします。

今年の講師は、あのイッテQ イモト隊のカメラマンであり
8000m峰登頂者 竹内洋岳氏のパートナーである
中島健郎さんをお呼びします。

さてさて どんな話がとびでるかな~

25回海登研パンフレット

参加には、事前申し込みが必要です、
 画面右下
メールフォームから送信してください。
返信いたします。
よろしくお願いいたします。

第14回新ヒマラヤ会議

3月 14回新ヒマラヤ会議が東京、王子でありました。

先鋭的なアルパインクライミングから、
河口慧海の足跡を辿る物など、
多様な話が聞けました、

やはり 気になるのは、事故についてで、
ヒマラヤン データブックを参考に、分析した話
IMG_2734_20170320210840bb5.jpg

色々と考えました。

出面取り・・・

目名のimadaさんちに出面取りに行っています。

アスパラの採取
IMG_9480.jpg

プロッコリーの植え付けと
IMG_9490.jpg

今の農業技術の進化は、 すごいですね

糖衣錠のたね、高性能の培養土、専用の器具、衛生管理
でも 農作業は、楽ではないですね、

ネパール 観感録 №2

ジープに乗って遊んでいるのでは、ありません
ジープバスです。
彼等の生活に必要な交通手段です。

DSCF4413.jpg
でも・・・・砂ほこりがなまら すごい・・・

このミルキ尾根は、
ネパールで一気に8000m峰が5座見れる所
まずは、
マカール
ローツェ
エベレスト
IMG_8102.jpg
他に ピーク6
チャムラン



カンチェンジュンガ
ヤルンカン
DSCF4185.jpg
それと ジャヌー
カンバチェン
カブルー

今回の目的地
グファ・ポカリ
聖なる泉です。・・・・・中に入れません

DSCF4337.jpg

こんなにジャイアントが展望出来るのに
外国人は、我々だけ・・・
いいような 悪い様な・・・
ですから・・・ミネラルウォーターなんて 売っていませんでした


まあ目的のもう一つに
ラリーグラスの観賞もありました、
早咲きのをきちんと 見れました。

DSCF4612.jpg

これは 養生のランです、
不思議な花でした。
DSCF4238.jpg

これは、牧草・・・・?
いいえ 薬草とか? プレスしてインドに送るとか
DSCF4474.jpg

この辺りは、ケロシン・ガスなんて 一切ありません
ダウラが熱原です。
毎日・・・運んできます。
DSCF4200.jpg

ただ そのために、樹齢何百年の大木がこの季節に
バンバン切られます・・・
生活のためと、知っていても、なんだか・・・・です。
DSCF4426_201605201738312ab.jpg

最後に
バサンタブルの町でみた
ラリーグラスの巨木・・・・??
昭和の観光モニュメントを思い出しました。

DSCF4558.jpg

プロフィール

ブナの森に住む登山ガイド     辻野 健治です

Author:ブナの森に住む登山ガイド 辻野 健治です
北海道の登山ガイドチーム   ノースランドのメンバーです、楽しい山登り、山歩きやハイキングと何でも楽しんじゃうチームです。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード