FC2ブログ

2019年 黒松内岳登山道整備

今年は、ブナセンターの方が手伝いに着てくれました。
5名も集まったので、段柵も8段となまら進みました。 パチパチパチ・・・・・

昔の木階段も朽ちて無くなり、ただ 滑るだけの急登区間に
オカザキ式の階段(梯子型)を作りました。
風倒木の多い区間なので助かります。
IMG_2724.jpg
平坦の様に見えますが、結構急勾配の場所なんです。
上から見下ろして撮ったので、高低差が感じれないと思います。



倒木の根の部分が、穴になり とても歩き難いので、
橋を架けました。
橋台処理も上手くいきました。
IMG_2733.jpg


無償行為なのに
許可だけは、きちんと取らないとならないし、
事後報告も必要・・・・
矛盾と言う言葉も・・・・・・見えて着ています。
スポンサーサイト



2018 登山道整備 ファイナルかな?

今年最後? となる登山道整備をしてきました。
なんと 支庁の方が助っ人にきていただきました。

なまら 地味な作業・・・・
丸太をすっぽり埋め込むので、円状に根堀します
掘削


螺旋状の階段
ゆにばーさるデザインを基本に、段差を13cm似内に押さえています。
螺旋段柵

そうそう 基本は、導水工
最上段に設置しました。
IMG_9374.jpg



もうすぐ ここも根雪となります。
また 来年に 作業を開始します。

黒松内岳 倒木処理 2018

台風直撃!地震も直撃? などで、中々 登山道の確認にいけなかった。
やっと 確認に行くと・・・やはり 倒木一杯。。。

IMG_8805.jpg
迂回路以外は、すべて 倒木を処理しました、、~ひとりで、

IMG_8809.jpg
この箇所も歩き安い様に、補修済み。

これらの作業の後遺症で、広背筋が、いまだに、い た い
ただ 3年掛かりでくぐり倒木の処理ができて、よかった・・・
苦労人のつぶやき・・・・

2017 広島・山口

今回の広島行では、山口にも足を伸ばしました。

やはり、気になるのは、秋吉台
昔は、この岩頭が針に見えたのでしょう
「地獄谷」と言う地名がありました。
DSC_0034.jpg

その地下には、こんな洞窟・・・鍾乳洞があります。
いやいや 感動しました。
DSC_0058_20171025145504760.jpg

石には、いろいろな名前が付いています
時代を感じる物ばかりです。
DSC_0078.jpg

山口と言ったら 私的には、幕末の時代を駆け抜けた
多彩な方々が思い出されます。
そんなんで、萩 に移動
途中、萩往還近くにある明治の石積みトンネルを見てきました。
今も現役です。

DSC_0104.jpg

泊まったのは、このゲストハウス
2段ベットのドミトリーで、市街地の中に有り、良い感じです。
もちろん夕食は、近くのスーパーで買い出しです。
DSC_0098.jpg

やはり山屋は 登らないと
て 事で、 日本百低山にある
東鳳翩山 ひがしほうばんさん・・・・・に登ってきました。
萩往還の側にある山です。
DSC_0128.jpg

もちろん 下山は、萩往還を下ります。
とても、歴史を感じる所でした。
DSC_0135.jpg

10月 黒松内岳登山道整備

8月の台風での倒木対策に、行ってきました。
場所が4~6合目間なので、道具一式を背負って、、、おもい・・・

さすがに、 太い・・・
IMG_1598.jpg

2m27cm5mm  かな?
IMG_1597.jpg

とても切れない・・チェ-ンソ-が45cmなもので、

とりあえず、踏み台を作りました。
IMG_1596.jpg
自然の枝を使ったタイプなど、2ヶ所作り増した。

此の位の太さなら、切れるのですが、
IMG_1602.jpg
プロフィール

ブナの森に住む登山ガイド     辻野 健治です

Author:ブナの森に住む登山ガイド 辻野 健治です
北海道の登山ガイドチーム   ノースランドのメンバーです、楽しい山登り、山歩きやハイキングと何でも楽しんじゃうチームです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリ