FC2ブログ
ブナの北限に住む、登山ガイドの気まぐれ日記
| Login |
2020年03月16日 (月) | 編集 |
今に始まったことではないですが、
危機管理が出来ていない登山者が多すぎますね
まあ 見えないところで、勝手にやってくれるのであれば、
いいのですが、まじ 目の前で、見ると、困った物 
今の時代 安易に注意など下矢先には、どうなるかは、賢い皆様ならおわかりと思います。


久ぶりに、蘭岳に行きました
この山は、西高東低が多い冬は、いつも いー天気ですが、
珍しく南洋低気圧が通過したので、ちと 天気悪、
南風だと 写真左側に、雪庇が形成されています。
ちなみに そちらは、裏沢バットレスと言って 岩壁になっています。
 室蘭岳は、人気の山で、定日でも20名程度のかたが、
他人のトレース頼りにに、ツボ足で登つて来ます。
案の定 この日も:結構の方が、てくてく来ました
そして、雪庇の際を歩いて、鐘をならしに行きました。
 
20200308_112804.jpg

ニセコで 簡単に登れる山? イワオヌプリがあります、
BCがはやりで? 猫も杓子もBCです・・・
見て解りますよね。
なんで 雪庇の上で休憩するの??
それは、先人のトレースかあたので、右に習いしたのです。
この一団は、地元 ナンチャッテガイドご一行でした。


IMG_3721_20200316201751416.jpg

スポンサーサイト




2020年03月11日 (水) | 編集 |
2019年11月に 北海道の山岳団体 9団体が集まり
懇親会を行いました。
まあ 2000人クラスの団体から、30名程度の団体まであります。

参加者年齢層も、高目です。
私も 中程となっています。

DSC_1130.jpg
挨拶をする HAJ オオウチ氏

大半が 昭和時代に 大活躍をした方々ばかりです。
登山人口は 増えていると言うが、、、どうなんだろう?
この年代がリタイヤする頃、どうなるんだろう?



2019年06月12日 (水) | 編集 |
私の 真のホームグランド 室蘭岳の白鳥ヒュッテが 来年(2020年)春に廃止
解体となります。
地元山岳界・・組織山岳会は、強い反対運動をせずに、容認したもようです・・・・・
まあ、役所が、検討時期に意見を求めていたのに、
沈黙、いや 無返答をしていて、 決定してから、意見陳述しても、
時既に遅し でした。

室蘭は、一時期は、道内最大、最強の山岳団体でしたが、
企業城下町のせいで、企業が撤退、縮小して、人口は減少しています、現在進行形です。
現在の連盟加盟員も少なく、各団体は存続に問題を抱えています。、
まして、連盟体も一枚岩でないもの、原因となっています。

私自身も、該当住民でなく、別の活動を起こさず得ず
この案件に、力を入れれなかったと、悩んでもいます。
確かなのは、行政に、闘い・・・いや 異論を唱える 人材が既にいなくなった
と言うのが、現実です。

IMG_3098.jpg

まあ 室蘭市も策士で、廃止は、ここだけでないよ
と言う形を取り、軒並み 切り捨てをしています。
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2018/12/13/20181213m_02.html
首長も 若いが、中々やり手です

2019年04月26日 (金) | 編集 |
北海道の岳人なら 知らない人はいない 居酒屋 つる
知らない人はきっと、偽岳人かな

とにかく、先々代から 90年の歴史が有り、
私も、恥ずかしながら30年通いました。
北海道の山岳界情報が、得られる すごいお店でした・・・

DSC_0776.jpg

昨年 11月に脳内出血に合い、大分回復は、したのですか、
4月に閉めました、

IMG_0541.jpg

最大の問題 「つる ロス」に我々がどう対処するか・・・
大きな 問題です。

2019年03月13日 (水) | 編集 |
近郊の町で、上級救急救命士の講習を受けました
普通救命士は 受けていますが、上級は、久ぶり 
似たような アメリカの資格は受けていました
まあ 8時間の講習は、受ける方も行う方も、大変です。

IMG_0300.jpg
そうそう このダミーには、アンナな言う 共通の固有氏名があります
知っていました

帰りには、駅前の洋食屋で、晩飯
以外や 美味しいです、まあ それなりの料金でした。
IMG_0304.jpg