2016 忘年会

今年も後少し、
昔は、ボーネン会三昧だったが、ここんところ しずかです。

まあ 昨日は、軽く知りあいのホンマさんとイワさんで
日本酒を飲みました。

まずは、舞白鳥
今季発売となった トワヴールのゴーダチーズといっしょ
このゴーダは、日本人に会う味
やっと 日本酒のつまみに、チーズの時代になりました。

IMG_2087.jpg

今夜の主役は、
獺祭 「ダッサイ」
あの阿部が振る舞ったという 酒
ん~ 高くて旨い酒を久々に飲みました。
こちらは、治子の頂き物
ん~ 人徳が成す技です。

IMG_2091.jpg

こちらは、キリタンポ を食べながらも飲みました。

4名で2升開けました。


スポンサーサイト

ニセコ プラティーヴォ

小春日和の日
お袋と姉貴と ニセコ高橋牧場のプラティーヴォにランチに行ってきました。
季節的に メニューは、ちと 少な目ですが、
珍しい料理を何度もおかわりしました
ここ ヨーグルト牛乳は、美味しいです。

IMG_2008_201612142353008d8.jpg


姉貴も ここは、始めてだったとか
IMG_2010.jpg

入口に 「銀の匙」がそろっていました。
オーナーが好きだとか、やっぱしそうだよね

 うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ

良寛和尚 をごぞんじですか

IMG_1661.jpg

うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ 
散る桜 残る桜も 散る桜

などの句を読まれた方です
人生の円熟期、終焉期などに聞くと、しみじみと
伝わる名言と思います。
ただ・・・・戦中に美伝に使われたりしていますが・・・

新潟に行ったとき偶然にも、出雲崎を通りかかり
この当たりが、良寛和尚ゆかりの地と知りました。

難しい説法を民衆に対しては行わず、自らの質素な生活を示す事や簡単な言葉を用いて解り易く仏法を説き、一般民衆のみならず、様々な人々の共感や信頼を得たとされる人物
と言われております。

ん~ ガイドもこうあるべき・・・・・ですね
なかなか 、、たどり付けない・・・・・・・・・・・・・・・・・

その、地元では
IMG_1684_201611252014484d5.jpg
があります。 しみじみと 染みこむ味です。

出雲崎は、古く佐渡航路野や北前船の寄港として栄え
妻入り家屋が多い・・・・ えっ 江差にそっくり
そう 北前船で北海道に伝わったのは、物だけでなく、
文化も伝わっています。
江差のいにしえ街道も、妻入り家屋です。
近いようで、遠い・・・・時代を感じました。

IMG_1665.jpg





小幌駅  厳冬詣り

厳冬ど真ん中!!
今回の小幌駅には、町界沢から向かいます。

小春日和の今日 沢沿いには
提灯みたいな ぶら下がった氷筠がいっぱいあります。

IMG_7943.jpg

駅には、保線区の人が作業に来ています。
このトロッコ 軽いみたい・・レールから外してありました。

IMG_7955.jpg
後で見ると、レールに戻っていました。

新 名物
小幌入場券
IMG_7952.jpg

時間があったので、チョット噴火湾へ

IMG_7969.jpg

白色系の石を集めました、 メノウ?石英?

IMG_7963.jpg
実は この中に・・・・瀬戸物が混じっています。
わかりますか~

帰りは、汽車で帰ります
 

IMG_7978.jpg
これは、北斗です   これには乗れません・・・・・・

懐かしの 食堂

函館に行った帰り、大沼の峠にある高原食堂で食事をしました。
大半の定食の料金は、700~800円と安い
以前 テレビで見たことのある食堂
運転手の方が多く立ち寄るのでしょう

今回は、ホルモン鍋定食 800円
熱々の1人用鍋  
SH3L0005.jpg
ご飯がまた 美味しかった。

プロフィール

ブナの森に住む登山ガイド     辻野 健治です

Author:ブナの森に住む登山ガイド 辻野 健治です
北海道の登山ガイドチーム   ノースランドのメンバーです、楽しい山登り、山歩きやハイキングと何でも楽しんじゃうチームです。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード